• ファイルメーカーとEC2の連携におけるメリット

    ファイルメーカーを利用すると様々なデータベースを簡単に構築することができる事はよく知られていますが、これらをホームページに連携する際にはホームページ上でデータベース連携をしっかりと行えるようなチューニングを行わないとその効果を最大限に引き出すことができないものです。


    そのため、一般的にはホームページを利用する場合にはファイルメーカーを利用せず他のデータベースを利用して連携をすることでその疎通性を保っていることも少なくありません。これはファイルメーカーが通常のデータベースのように緻密に構築されたものと異なり、自身のアルゴリズムによって自動的に生成される要素が強いため、連携においては特別な技術を必要とするためです。

    特別なファイルメーカーのEC2に関連した書きかけ項目です。

    しかし最近、効果的に連携を行う方法としてEC2を利用する方法があります。EC2はホームページ制作において様々なファイルとデータをシームレスに連携を行うことができる非常に便利なツールですが、ホームページの中にEC2を組み込むことで簡単にファイルメーカーとの連携を実現することができるようになるのです。



    この連携を実現することで、通販サイトなどにおいては様々なデータを一元的に管理することができるようになるほか、データの統合管理と言う点において非常に効率よくリソースを有効に使えることになるので、その利便性が高まります。



    さらに変更等が行われた際にも原稿の内容をしっかりと引き継ぎ反映させることが可能になるため、間に面でも非常に重要なツールとなります。