• ファイルメーカーとEC2の相互関係

    ファイルメーカーは、同名の会社が開発したデータベースソフトになります。1996年から開発された経緯があり、現在までに多くのバージョンのファイルメーカーが作られ、バーションを重ねるごとに機能が拡充しています。


    特に、機種の異なるOSによる互換性は、ネットワークにおける利便性に大きく貢献することになりました。

    しかも、プログラムの敷居を低く設定されているため、高度な知識がなくても扱えるのもファイルメーカーの大きな特徴になります。
    EC2とは、アマゾンウェブサービスの仮想サービスとして位置づけられています。
    この概念はクラウドコンピューティングの一種としてみなされており、必要量に応じたサービスが受けられる利点があります。

    ファイルメーカーのEC2の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

    仮想サーバーとは、ソフトウェア上に複数のサーバーがあるものとみなす概念のことで、さまざまなOSにも対応できることで注目視されています。

    かつてのサーバーでは、OSが違うだけで運用するので複数の適用したパソコンを設置する必要があり、コスト面に大きく響いていました。



    EC2では、仮想サーバーのメリットを生かしたパフォーマンスを実現し、高速かつ安定したサービスの提供を行っていきます。



    また、アマゾンウェブサービスではEC2の他にも、S3による容量不足の解消、クラウドウォッチによる24時間の監視体制が敷かれています。

    これらの機能は、スケーラブル(リソースの量に比例した向上)に対応しているため、ネットビジネスに向けた情報を発信することができます。