• EC2仮想サーバーでファイルメーカーを使う

    顧客情報や商品情報を多く取り扱う会社では、Excelよりもファイルメーカーと呼ばれソフトが使われることがあります。

    このソフトは情報をカード型のデータとして作成することができ、それを1つのファイルにまとめて収納しておくことができます。

    データの編集や入れ替え、追加や削除などの作業が手軽に出来るのが特徴です。

    ファイルメーカーはクラウド化することで複数のユーザーと情報を共有したり、同時に作業することが可能です。クラウド化は業務を効率化することを目的としています。


    データの保存先を仮想サーバー上に設定することで、アクセス権限を持つユーザーがデータを閲覧したりデータの更新をしたりできます。
    クラウド化は離れた場所からでもサーバーにアクセスしてデータを共有できます。

    職種次第では自宅で仕事をすることも可能です。

    ファイルメーカーのEC2に関する疑問が解決できます。

    ネットでフリーランスの作業員を雇って働かせるという雇用形態は、インターネットが普及した今だからできることだと言えます。


    ファイルメーカーのクラウド化はデータの保存先となる仮想サーバーを用意する必要があります。

    仮想サーバーはレンタルすることができます。レンタルするサーバーは容量やサービスの種類によって料金が異なります。


    一般的な仮想サーバーは月額料金制となります。
    初めてクラウド化を検討しているならEC2サーバーがおすすめです。



    EC2サーバーの料金は従量課金制で、使用時間によって料金が変動します。使用頻度が少なければ費用を抑えることができます。



    EC2サーバーで試しに使ってみて、クラウド化の効果を十分実感したら、使用頻度に合わせて月額料金のサーバーをレンタルすれば良いです。

  • ファイルメーカー関係の真実

    • ファイルメーカーは、同名の会社が開発したデータベースソフトになります。1996年から開発された経緯があり、現在までに多くのバージョンのファイルメーカーが作られ、バーションを重ねるごとに機能が拡充しています。...

  • 44から学ぶファイルメーカー

    • AWS(Amazonwebservices)でファイルメーカーサーバーを、EC2インスタンスにインストールしようと考えている人は多いでしょう。ファイルメーカーサーバーのインストールの経験が無い人も多いと言えますし、無料枠から始めたいと考えている人もいるでしょう。...

  • ファイルメーカーの特徴紹介

    • ファイルメーカーを利用すると様々なデータベースを簡単に構築することができる事はよく知られていますが、これらをホームページに連携する際にはホームページ上でデータベース連携をしっかりと行えるようなチューニングを行わないとその効果を最大限に引き出すことができないものです。そのため、一般的にはホームページを利用する場合にはファイルメーカーを利用せず他のデータベースを利用して連携をすることでその疎通性を保っていることも少なくありません。...

  • ファイルメーカーの身になる知識

    • EC2はアマゾンの提供している仮想サーバーで通常のレンタルサーバーのようにSSHでログインできる仕様となっています。いろいろなアプリケーションをインストールして自由に使えるのがメリットです。...